ふじみ野、駅1分の歯科医院・榎本デンタルクリニック

ふじみ野、駅1分の歯科医院・榎本デンタルクリニック

お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ
  • オンライン初診予約

院内感染予防

治療の設備・技術だけでなく衛生面でっも安心を!『自分たちが通いたくなる歯科医院』を目指した院内感染予防への取り組み 「自分が通いたくなるレベルの衛生環境を実現しよう」
それが、当院の衛生管理・院内感染予防に対してのスタンスです。もちろん医療機関なので衛生管理の徹底は当然と思われるかもしれません。

しかし実は、本気でこだわりだすと手間とコストが驚くほどかかるため、小規模の歯科クリニックではハードルが高い部分なのです。そのため、妥協せざるを得ないのが実情なのです。

また、法律で決められているレベルの感染予防対策ではあまりに不十分であるという現実もあります。さらに、患者様から見えない部分の取り組みですので、を抜こうと思えばいくらでも出来てしまいます。

それでも、当院は院内感染予防に対して本気です。患者様の安全、治療の質の維持、そして大切な当院のメンバーの安全を守るためには絶対に妥協ができない部分だと考えているからです。

開業以来、継続して改善に取り組み続けた結果、国内の歯科クリニックではトップクラスの設備の完備とシステムの構築をすることができました。そして、多くの医療関係者の方にもご来院いただき、評価をして頂くことができています。

このページでは、その取組みの一部をご紹介させていただきます。

最高水準の性能を滅菌器の導入

最新・高性能(クラスB)の滅菌器を導入 日本の歯科医院ではほとんど導入されていない最新・高性能(クラスB)の滅菌器を導入しました。

従来の滅菌機に比べて、コストも手間も非常にかかるのですが、患者様の身を守るためのベストな選択肢であると考え、導入いたしました。

この機器を導入することにより、大学病院レベルの滅菌システムとなりました。

歯を削るドリルも内部まで完全に滅菌、洗浄しています。


一時期、新聞報道で大きく取り上げられたのが「歯を削るためのドリルの使い回し」です。

実はこれも法律では個別に滅菌することが決められていないのです。しかし当然、血液など付着してしまうため感染リスクはあります。

多くの歯科医師が認識はしていても、設備が高額なため妥協していた部分の一部です。

当院では当然、報道以前より全ての患者様ごとに交換し、滅菌処理を施しておりますのでご安心下さい。

あらゆる器具の滅菌・消毒


当院では、ドリルの先につける器具やバー、根管治療に使用するファイルやリーマー、歯周病検査に使うプローブ、型を取る印象トレーまで、患者様に使用する器具類はあらゆるものを個別に滅菌しています。

患者様にはよく分からない部分ですが、他院の歯科医師・スタッフの方にこれをお伝えすると、「そこまでやっているの!?」とほぼ必ず驚かれます。

目に見えない部分ほど、誠実に。このスタンスを今後も守り続けます。

手袋、エプロン、紙コップなど全て患者様ごとに交換


他の方の口を触った後に、消毒をしたとしても交換せずに同じ手袋で自分の口を触られるのは抵抗感がありますよね。

当院ではスタッフ全員が患者様ごとに手袋を廃棄し、交換を必ず行っています。また、手袋だけでなくエプロン、コップなども環境に優しい使い捨て製品(ディスポーザブル製品)を適切な衛生管理の元、使用しています。

当然の事と思うかもしれませんが、まだまだ実践していない歯科医院もたくさんあるようです。「自分がされて嫌なことは、しない」という約束を誠実に守ります。

殺菌水を使用して治療やユニットの拭き上げを行います



歯科医院では水を沢山使います。手を洗ったり、器具を洗ったり、歯を削る器具から水が出たり、うがいをしたりと様々です。他にも、歯を削るタービン(ドリル)かも水が出ます。

実は、これらの水の全てに多大な量の細菌がいることをご存知でしょうか(1立方cmに2~6億の細菌がいます)。しかし、患者さまは診察台から出る水は綺麗な水だと考えてしまい、あまり疑ってうがいをするということはないのではないでしょうか。

実は、これらの細菌が治療部位に感染してしまい、痛みが再発する現任になってしまいます。また、親知らずの抜歯後に腫れてしまうのも、この細菌たちの仕業であることが多いのです。

そこで、当院ではニューG7(量子水整水器)という水除菌システムを採用し、うがいの水やタービンから出る水など、患者様の口は全て殺菌水を使用しています。また、患者様ごとに行っているユニットの拭き上げも殺菌水を行って除菌処理をしています。
  • 患者様ごとに行っているユニットの拭き上げも殺菌水を行って除菌処理をしています
  • 水1ミリリットル中に細菌0という信頼できるデータを頂きました
(右)2015年3月には第3者機関BML社に当院の水の検査を行って頂き、水1ミリリットル中に細菌0という信頼できるデータを頂きました。(左)ニューG7(量子水整水器)

ガス滅菌器

ガス滅菌器 オートクレーブにかけられない熱に弱い製品(ビニール、ガラス、ゴム、プラスチックなど)は、ガス滅菌器を使用して低圧で滅菌します。

当院では紙類も含めて滅菌するので、これなしの滅菌は考えられません。

落ちにくい汚れには超音波洗浄機

落ちにくい汚れには超音波洗浄機 器具には「目に見えない汚れ」も沢山付着しています。消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの汚れを完全に除去しなければなりません。

汚れが完全に落とせていないと、滅菌・消毒をしても完全でない場合があり、『二次感染』の恐れがあるためです。

目に見えない汚れまで落とすため、超音波洗浄機を使用した後に、滅菌・消毒をしており、どんな汚れにも対応出来るようにしています。

紫外線滅菌収納庫(紫外線殺菌灯使用)



消毒・滅菌された器具や技工物は、紫外線で滅菌された状態の保管庫で使用直前まで保管しています。

24時間365日滅菌等に当てていますので、確実に殺菌されている状態で器具を使用できています。

お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ 無料メール相談 オンライン初診予約はこちら
タップしてダイヤル