ふじみ野、駅1分の歯科医院・榎本デンタルクリニック

ふじみ野、駅1分の歯科医院・榎本デンタルクリニック

お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ
  • オンライン初診予約
  • ネット予約
  • 無料メール相談

嘔吐反射

嘔吐反射とは

嘔吐反射とは、歯科治療をする際、診療器具(ミラー、ピンセットなど)等をお口の中に入れるだけで“オエッ”とえづいてしまう。つまり、嘔吐反射がでてしまいスムーズに治療が出来ない症例のことをいいます。

歯の型取りをする際や、その型取りの材料がお口の中に入る時、中には歯科医院に入るだけでストレスを感じて自然と嘔吐反射がでてしまう方も・・・。
また、歯科治療に対する強い恐怖心のため、お口を開けて治療をはじめようとするだけでも嘔吐反射が起こってしまうこともあります。

他にも日常生活で、お口の中に何かった時、例えば、朝、夜の歯磨き時に歯磨きをしている時に起こる人もいらっしゃいます。

嘔吐反射を気にして歯医者に通えない方、毎日のブラッシングも辛いなど、嘔吐反射のある方は、ない人に比べてお口の中の環境がより悪くなりやすいのです。

嘔吐反射がある人への治療

ご安心ください。嘔吐反射の患者様も歯科治療がよりスムーズに行えるような方法があります。

・ 型取りを早め終わらせられ為の型ねり。
・ バキュームを入れずに寝かせずに座った状態に近い姿勢で治療を行い頻繁にうがいをする。
・ 麻酔を使う。(表面麻酔、スプレー式の麻酔、ゼリー状麻酔などがあります)

嘔吐反射でお困りの方もこれら方法を使って治療を試してみて下さい。
あなたに合った治療法を一緒に探していきましょう。
嘔吐反射のある方はお気軽に担当医、又はスタッフにお申し出下さい。
ゆっくり少しずつでもお口の環境を改善して行きましょう。

お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ 無料メール相談 オンライン初診予約はこちら
タップしてダイヤル